【スポンサーリンク】

LINEでメッセージを取り消すには 【長押し → 送信取消】

  • LINEで間違えてメッセージを送信しても、24時間 以内なら取り消すことができます。
  • 送信取消」は、メッセージを「長押し」したメニューの中にあります。
  • 「削除」機能と勘違いしやすいので、要注意です。

操作途中で「LINEバージョンによっては取り消せない」と表示されるので心配になります。
ただし、現在では ほとんどの人が有効になっているはずです。

YouTube動画でも話しています。

\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

間違えて送ったメッセージを「長押し」する

LINEで間違えてメッセージを送ってしまったときには、「送信取消」機能を使います。

まず、間違えてしまったメッセージを「長押し(ロングタッチ)」します。

LINEトークの長押しメニュー

長押しメニューが出てくるので、その中から「送信取消」をタップします。

「削除」と「送信取消」は用途が違う

ちなみに、「送信取消」と似たような機能に「削除」があります。
しかし、用途がまったく違うので注意です。

送信取消と削除の違い
  • 送信取消 … 誤送信を取り消す
  • 削除 … いらないメッセージを整理する

「削除」では、自分の画面では消えますが、相手の画面には残ったままです。

送信取消は 24時間以内に

メッセージを送信してから 24時間 以内なら、長押しメニューの中に「送信取消」があります。

逆にいうと、24時間 経過してしまうと、「送信取消」はできません

送信取消の手順
送信取消の手順

「送信取消」をタップすると、注意メッセージが表示されます。
さらに「送信取消」を続けると、メッセージを取り消すことができました。

友だちが利用中のLINEバージョンによっては、友だちのトークからメッセージが消えないことがあります。

送信を取り消しますか?

よほど相手のスマホが古くなければ取り消せる(2017年12月からの機能)

「メッセージが消えないことがあります」ってあるけど大丈夫?

LINEの「送信取消」は、2017年12月に後から追加された機能です。
そこで「LINEバージョンによっては取り消せない」と表示されることがあります。
しかし、現在では、ほぼ全ての人が有効になっているはずなので、大丈夫です。

相手の画面に痕跡が残る

「送信取消」には、もう一つの注意点があります。
「送信取消」の仕組みでは 全く痕跡を消すわけではない、ということです。

相手の画面にも、何かメッセージが送られて、取り消されたことが残ります。

相手の画面では送信取消の痕跡が残る
相手の画面では送信取消の痕跡が残る

〜がメッセージの送信を取り消しました

「嘘の情報を伝えてから、すぐに取り消して証拠を消す」などの、悪用ができないようにするためなのだと思います。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。

LINEでメッセージを取り消すには 【長押し → 送信取消】
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました