【スポンサーリンク】

パスワードをどうやって決めている? 【パスワード自動生成がおすすめ】(LUFTTOOLS)

  • パスワードは 登録のたびにランダムで複雑なものを決める のが安全です。
  • しかし、自分で考えるのは大変です。
    ランダムな文字列の候補を作ってくれるウェブサイト(定番は LUFTTOOLSのパスワード生成ツール)を使うとスムーズです。
  • ランダムそのままだとスマートフォンで入力するのが大変です。
    候補を元にキーボード切り替えを減らすように文字の順序を入れ替えておくと、複雑なパスワードでも入力しやすくなります。

例えば、
q5Vyn6NP」をもとにするなら
!Q5vynnp6666」などが考えられます。

\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

その都度パスワードを考えるとだんだんワンパターンになる

アカウントを作るときに迷うのは「パスワード」。
毎回、どうやって決めていますか?

主なパスワードの決め方
  1. 同じものを使い回す
  2. その都度、適当に考える
  3. 毎回、同じ方法でパスワードを決める
  4. ランダムな文字列から選ぶ

実はこの順番は、これまでのわたしのパスワードの決め方の変遷でもあります。

インターネットを使い始めたころは、アカウントを登録するたびに、「なんとなく」でパスワードを決めていました。

例えば、好きな言葉を考えてみて、
「十人十色」から「10nin10Color」みたいに、
その都度 考えていました。

メモせずに頭で記憶していたので、同じパスワードを使い回すことも多かったです。

しかし、インターネットをを使っていると、どんどんアカウントを作る機会が増えていきます。
そうすると、毎回、パスワードを考えるのがしんどくなりました。

規則的にパスワードを考えてみたけれど

いろんなサイトに登録するパスワードが全く同じだと不安があリます。
何かパスワード流出のトラブルがあったら、連鎖的に被害になってしまうからです。

そこで、基本になる言葉とサイト名を組み合わせてパスワードを作るようになりました。

例えば、Amazonなら「10nin10Shopping」、
Gmailなら「10nin10Mail」などのように
規則的にパスワードを変えるようになりました。

コンピュータにパスワードを決めてもらう

しかし、このような規則的に作ったパスワードも時間が経つと忘れてしまうので、ノートにメモする必要があります。ノートで管理するなら、もっと複雑なパスワードでも良さそうです。

ふだんコンピュータが記憶してくれるので、パスワードを入力する機会はめったにありません。
必要なときだけ メモを見ながらゆっくり入力すればいいのです。
そうなると、複雑なパスワードでも構わないことに気づきました。

そこで最近は「パスワード自動生成」を利用することが多いです。
Google Chromeの自動生成や ウェブサービスの「パスワード生成器(LUFTTOOL)」の候補から決めています。

複雑なパスワードが一番安全です。メールアドレスを登録しておけば、仮にパスワードをわからなくなってしまっても、かんたんにリセットできることも大きいです。

複雑なパスワードでも大丈夫な理由
  • パスワードの入力に時間がかかる
    → 入力は一度だけで済むことが多い
  • メモをなくしてしまうのが心配
    → リセットすれば良い

Google Chromeのパスワード自動生成

Chromeのパスワード自動生成って何?

どうやって使えばいいの?

わたしは Chromeアプリでインターネットを見ています。

Google Chromeでは、ウェブサービスに登録するときに、パスワードを決めようとすると「安全なパスワードを自動生成」という画面が表示されます。

これは Googleアカウントのパスワード管理機能で、複雑なパスワードを作ってくれます。
また、決めたパスワードを記憶して、自動入力してくれます。

Google に依存してしまう面はありますが、これが一番 かんたんで安全なパスワード管理だと思います。

ただし、その分 Googleアカウントのパスワードは複雑にしたり、二段階認証にしておいたりすることも大事です。

LUFTTOOLSのパスワード生成ツール

パスワードを自分だけで管理したい場合は、オンラインツールを使うのが便利です。

「パスワード生成ツール」でインターネット検索するといくつか出てくるので、自分に合ったものを使ってください。

私は とくに LUFTTOOLSのパスワード生成ツール(https://www.luft.co.jp/cgi/randam.php)を使っています。「似通った英数字を省く(6とbなど)」や文字数の指定などが細かく設定できるからです。

表示されるパスワード候補の中から、なんとなく入力しやすそうなものを選んでいます。

生成されたパスワードを選ぶだけで簡単
生成されたパスワードを選ぶだけで簡単

入力しやすくするのも大事です。
コツは、スマホのキーボード切り替えを減らすこと。

  • 大文字や記号を前にして、
  • 数字部分をなるべく固める

これだけの工夫でも十分 複雑なまま 入力しやすくできます。

例えば、
q5Vyn6NP」をもとにするなら
!Q5vynnp6666」などが考えられます。

パスワードの時代はもう少しの辛抱

将来的にはパスワードという本人確認の仕組みは減っていくと思います。
パスワードは記憶に頼る方法なので、忘れてしまったり、他人に知られて不正に使われてしまう、という問題点があるからです。

すでに、指紋認証や顔認証など、新しい本人確認手段も使われるようになっています。

まとめ
  • パスワードの使いまわしは不安
  • パスワードを毎回考えるのも大変
  • パスワードはランダムなものをメモする
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。

パスワードをどうやって決めている? 【パスワード自動生成がおすすめ】(LUFTTOOLS)
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました