【スポンサーリンク】

個人用OneDriveと仕事用OneDriveを共存させる

この項目は、随時追記します。なにかのヒントになれば嬉しいです。

\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

OneDriveのタスクトレイアイコンが白い場合と青い場合があるのはどうして?

タスクトレイのOneDriveアイコンには 2種類あります。
OneDriveのアイコンの色は、現在アクティブなアカウントの種類を表しています。

  • 白いアイコンは、個人用OneDriveアカウント
  • 青いアイコンは、OneDrive for Businessアカウント

OneDriveアプリの設定で、個人のMicrosoftアカウントでサインインすると白いアイコンが表示され、組織から提供されたアカウントでサインインすると青いアイコンが表示されます。

両方のアカウントを同時に使用している場合、青いアイコンが優先して表示されます。

業務用アカウントがより重要とみなされるようです。

仕事用のOneDriveと個人用との違い

OneDrive for Business」は、マイクロソフトが提供するオンラインストレージサービスで、インターネット上に1TBまでのデータやファイルを保存できます。

個人用のOneDriveとのもっとも大きな違いは契約方法です。
仕事用は組織が契約し、個人用は個人で契約します。

「OneDrive for Business」は、通常、組織や企業が契約するサービスで、個人で契約するものではありません。
多くの場合、Microsoft 365(旧Office 365)やSharePointのライセンスの一部として提供されます。

仕事用メールアドレスと関連付けられる

そのため、アカウントの管理も異なります。
仕事用は組織のIT部門が管理することが多く、個人用は自分で管理するのです。

組織がこのサービスを契約すると、従業員や構成員に対してアカウントが提供されます。
このアカウントは通常、職場や学校のメールアドレスと関連付けられています。

そのほかの違い
  • 利用目的
    仕事用は主に業務データの保存や共有に使われ、
    個人用は個人的なファイルの保管に使われます。
  • 容量
    仕事用は通常1TBの容量があり、
    個人用は基本的に5GBです(有料で増やせます)。
  • セキュリティ設定
    仕事用は組織のポリシーに基づいて管理され、より厳格な設定が可能です。
  • 共有機能
    仕事用は組織内での共有に適しており、
    個人用は個人的な共有に向いています。

OneDriveアプリは個人用と仕事用の両方に対応

現在の OneDriveアプリは、個人用OneDriveとOneDrive for Businessの両方に対応しています。
2016年にデスクトップアプリが統合され、同じアプリで両方のサービスを利用できるようになりました。

OneDrive アプリでは、個人用と業務用のアカウントを同時に利用できます。
個人用には個人のMicrosoftアカウント、業務用には組織から提供されたアカウントを使います。
これにより、個人のファイルと仕事や学業のファイルを別々に管理することができます。

Groove.exe

2016年より前は、個人用OneDriveとOneDrive for Businessは別々のアプリを使用していました。

  • 個人用OneDriveは「OneDrive.exe」という名前のアプリを使っていました。
  • 一方、OneDrive for Business では「Groove.exe」という名前の同期クライアントも使われていました。

そのため、ユーザーは両方のサービスを使いたい場合、2つの異なるアプリを切り替えて使う必要がありました。

アカウントを追加する

  • まず、OneDriveアプリを開きます。
    アプリの設定から「アカウント」または「アカウントの追加」を選択します。
  • 次に、追加したいアカウントの種類(個人用または業務用)を選び、そのアカウントでサインインします。
  • アカウントの追加が完了すると、アプリ内で両方のアカウントが表示されます。

通常、個人用と仕事用のフォルダは別々に表示されます。

ファイルを保存する際は、保存先のフォルダを選ぶことで、個人用か業務用かを指定できます。

このように、一つのアプリ内で両方のアカウントを使い分けることで、個人のファイルと仕事や学業のファイルを効率的に別々に管理することができます。

参考:OneDriveの同期フォルダ名にも個人名が表示される

個人用Microsoftアカウントでサインインできない?

  • インターネット接続接続が安定していることを確認してください。
  • OneDriveアプリでは、通常1つの個人用アカウントしか追加できません。
  • Windowsアカウントと個人用Microsoftアカウントが同じメールアドレスを使用している場合、競合が起こることがあります。
  • さらに、OneDriveアプリが最新版でない場合もエラーの原因となります。
  • アンチウイルスソフトやファイアウォールがOneDriveの動作を妨げている可能性もあります。
  • Microsoftアカウントの認証に問題がある場合もあります。
    アカウントの設定を確認し、必要であればパスワードをリセットしてみてください。

個人用OneDriveを消すには?

個人用OneDriveの表示を消すことはできる?

Windows 10 以降のバージョンでは、個人用OneDriveの表示を完全に消すことは難しくなっています。

しかし、以下の手順で個人用OneDriveの機能を無効にすることはできます。

  1. タスクバーのOneDriveアイコンを右クリックし、「設定」を選択します。
  2. 「アカウント」タブで「このPCのリンク解除」をクリックします。
  3. サインイン画面が表示されたら、右上の「X」で閉じます。
  4. 「C:\ユーザー\ユーザー名」フォルダを開き、OneDriveフォルダを削除します。
  5. PCを再起動します。

個人用OneDriveの表示が消せないこともある

ただし、この手順を実行しても、エクスプローラのナビゲーションウィンドウから個人用OneDriveの表示が完全に消えない場合があります1
これはWindowsの仕様によるもので、OneDriveがWindowsの機能として組み込まれているためです。

業務用のOneDrive for Businessのみを使いたい場合、個人用OneDriveの表示が残っていると気になるかもしれません。
しかし、実際の機能には影響しませんので、そのまま業務用アカウントのみを選択して利用することをお勧めします。

完全に表示を消したい場合は、レジストリの編集など高度な操作が必要になりますが、システムに悪影響を及ぼす可能性があるため推奨されません。

こちらもどうぞ。
「サインイン()してください」Excelにキャッシュされた資格情報とアップロード【OfficeとOneDrive】
ポイント 「Excelのファイルを引き続きOneDriveにバックアップするには、改めてMicrosoftアカウントにサインインしてください」という意味。 Excel上部のアカウントから一度「サインアウト」してから「サインイン」して、ファイルを開き直してみて。 OfficeとOneDriveの関係は、ちょっとややこしい。 今回は、OfficeとOneDriveを結びつける Microsoftアカウ...

「OneDrive がほとんどいっぱいです」と表示されたら契約プランを要確認【Microsoft 365 Solo】
OneDriveアプリが「容量が足りない」と有料プランをおすすめしてきます。ただ、どのボタンから操作するかでプランが240円〜1850円と大きく異なります。 「定期購入」を選択する前に、よく確認しておきましょう。 OneDrive がほとんどいっぱいです データの一時管理に OneDriveの無料プランを利用しています。ずっと保管するのではなく、写真ファイルをスマホからパソコンに自動転送するのに使...

Windows11のログイン時の表示名がフルネームなのが嫌(Microsoftアカウント)
Windows 11のMicrosoftアカウントで初期設定すると、ログイン時やOneDriveの同期フォルダ名に自動的にフルネームが表示されるのが気になります。 これらの表示名を変更するには、Microsoftアカウントの管理ページで名前を変更するか、レジストリを編集する方法があります。 ただし、表示名を実名以外にすると、相手からの認識や本人確認が難しくなる可能性があるので、注意が必要ですね。 ...

(補足)

  1. エクスプローラのナビゲーションウィンドウに「OneDrive」と「OneDrive-会社名」が表示されてしまう – Microsoft コミュニティ
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。

個人用OneDriveと仕事用OneDriveを共存させる
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました